読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

髪色に突っ込まれた話

こないだ染めた髪がどうやら明るすぎたらしく,会社で注意受けました.慌てて染め直したら,暗い色を選んだにもかかわらず思ったほど染まりませんでした.仕方がないので「3回目はちょっと無理だと思います」で押し通しました.これで通ったので良しとします.

「周囲の男の人を見なかったのか?」とは言われたんですが,周囲の人を見てはいたものの,判断要素から「性別」が完全に抜け落ちてました.これは自分でも割とげんなりしました.とはいえ,実は女の人でも私ほどの明るさに染めている人は割と少数だったんですが.

 

ただ,不思議っちゃ不思議なことが.

私,周囲の男の人とは明らかにかけ離れた服装で(というか男の服を着て行っていない),胸は男のものともちょっと言い難い状態(もちろん周りにそんな人はいない)で,首輪をつけて(さすがに私だけ),ベースメイクだけとはいえメイクしてて(確認した限りでは男でそんな人はいない),髪の長さ自体も男性基準ではかなり長めです.そうそう,しかも私の性別についての問い合わせとか噂がいろいろ立ってるんでしたね.

そこをぜんぶスルーして髪色に突っ込むか?!

このピンポイント爆撃っぷり,なんか笑えます.