読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性ホルモンてめぇ

性別の話(通院記録)

通院記録は久しぶりですが,通院ペース自体は概ね2週間に1回ペースを維持しています.
ということで,久しぶりに通院記録です.


血液検査の結果が戻ってきました.
が,今回は結果があまり思わしくなく‥.

もっとも,結果が悪かったら"Bad"判定をただちに食らうもの,たとえばD-ダイマーなどが悪く出たわけではありません.
女性ホルモン(エストラジオール)の値も低値でしたが,注射前の値が下がりきった時点で採血を行った以上,仕方ないでしょう.自力では女性ホルモンが出ませんし.
問題なのは男性ホルモン.男性でいえば正常値(すれすれですが),女性でいえば「高すぎ」.おいおい‥.

おそらく一時的なブレなのでしょうが,気分がいいものではありません.要らねぇよあんなもん.
ということで,先生との相談のうえ,いままでの注射内容(ペラニンデポー10mg)に加え,黄体ホルモン(プロゲデポー125mg)も追加することになりました.これを次回の血液検査まで継続します.
黄体ホルモンは「女性化」にはそう貢献しないとのことですが,一方男性ホルモンを抑止する作用はあるらしいので,そこに期待して‥ですかね.

それに,自分の身体で試せるものは色々試してみたいですし,ね!

なお,「やはり『抜く』か『切る』のが根本的な解決なんでしょうね」っていう,いわば当たり前のことを言ってみたら,「抜く」ほうは推奨されない様子.
まぁ,SRSの術式によってはアレは材料になってもらわなければなりませんし,デメリットのほうが大きいのは確かでしょうね.


いじょ.