読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大晦日

お題・雑記

ことしは女性基準を用いると本厄でした(1984年生まれ).
そのせいかは知りませんが,この一年やたらいろんなことがありました.


会社が変わった.

新年早々,所属している会社が変わりました.働く先は変わらないままでしたけどね.
非正規ではあるものの,食っていけるだけの収入があり・ある程度必要とされており・色々「これは‥」と思うことはあるものの女の恰好で働けているあたり,そこそこうまく行ってるのではないでしょうか.

GIDという診断が下りた.

1st通過が5月下旬,2nd通過が6月上旬でしたっけ.
"X"でもGIDという診断が,それも結構スムーズに下りるものですね.

これで診断書も書いてもらえる状態にはなったのですが,改名予定がないこと・会社から提出を要求されなかったことなどから,実はいまだに診断書は持っていなかったりしますw
まぁ,「トイレで使う」とか絶対にやりたくはなかったですし,それに,必要なのは意見書でしたし‥.

ホルモン療法の開始にかかる身体治療判定会議を通過.

これが6月下旬.初回の自分史提出が去年11月だったので,およそ半年強の通院でした.
ともかく,これでガイドラインに則った治療を行うルートに戻ったことになります.

"X"なのにスムーズに通過したものだなとは思うのですが,女側にやたらさっさと移行して・やたら馴染んでたのは大きかったのかと思います.
「それ,"X"なのかな?」という疑問はありますが‥.

日常生活をおよそ女で送れる状態になった.

裸を晒すなど誤魔化しが利かない場合を除き,およそ女扱いで通るレベルに持っていきました.
これにかなり自信がついたのがだいたい6月頃だったかな.トイレの使用を女子側に切り替えたのもこのタイミングでした.

去年,男として生活していた段階であってすら女と認識されたり,初「女装」の時点でかなり女寄りの外見をしていた等,割と強い要素はあったと思うのですが,30ちょい過ぎでこれはかなりスムーズだったんじゃないかと思います.
名前が素で女で通るもので,声も地でおよそ女扱いされるレベルだったのも幸いでした.

女スーツで出勤.

私服勤務可能な職場なのですが,ここは敢えてのスーツ.会社には改めて許可をとりました.
これが7月頭から.時期的には大失敗だったかもしれないw

性別に合わせたスーツが着れなくなったことで,こと仕事面で大いに人生を狂わされた感はあったので,「着れるスーツが見つかった」ってのは大きな収穫でした.

それにしても女スーツ,格好良くて気に入りました.身体つきから見てもそう無理はなかった,むしろスタイル良く見せてくれるなどある程度は似合ってるようでしたし.
ウチの女家族を差し置いていちばん「似合う」状態になってしまったのは皮肉なものですが.

口説かれる!

「女に見えたとしても見た目雑魚だろ」と思ってたので意外ではありました.
で,実は適当な対応方法がわからないというオチ.どうしたもんでしょう.

にしても,「スタイルいい」「モデルさん?」「肌綺麗」は良く言われますね.自信持っていいのでしょうかw

性別違和,強化される‥.

さて,かなり女扱いされるようになり,見た目も変わったのですが,これで性別への違和や嫌悪が和らぐかといったらそんな甘いことはなく‥.
むしろ,男性器や「男性」という表記に対する嫌悪が,「おまえら何やってるんだよ!」という感情がなおさら強化されるざまでした.

これはどうしようもないね.SRS・戸変まで進むことになるんだろうなぁ.


来年は少しは将来に見通しが持てるといいなぁ.