ジェンクリ移転 + 1st終了

通っていたジェンクリが自由が丘に移転しました.
自由が丘,お洒落な街ですね.野暮ったい私にはお洒落すぎて少々馴染めませんw

ジェンクリもかなり変わっていました.
なにより広い.ビルのワンフロアだけだった今までが狭すぎたのかもしれませんが.
後,これまた街に相応しいようなお洒落な姿に化けてました.イメージ変わりすぎ.

とはいえ,やることは以前と全く変わりないのですけどね.


遺伝子検査の結果が戻ってきました.なんら問題のない(だからこそ問題でもあるのだが)XY染色体持ちでした.
ガイドラインに則った治療を受けることを選び・初回の自分史提出を行ったのが2015-11-15だったので,およそ半年・10回程度*1の通院でした.

ともあれ,これで診断書なども書いてもらうことも可能となったので,早速「性同一性障害身体治療意見書」なるものを書いてもらうことに.
ただこれには10000円ちょいの費用がかかるらしく,財布にちと痛いダメージが入りました.ぎりぎり持ち合わせがあったからいいけどさ.
改名に必要な診断書も出せるようにはなったらしいのですが,こちらは要らないのでパス.本名が女性名で充分通るなら‥ねぇ.
‥名前?男としてはまず通らない名前・先生からも「要らないですよね?」って言われるほどには女性名です.

直近の今後で行うべきことにについて一応確認してみたところ,「別な病院で診断を受けてもらう.その場所は次回に指示する.ただ,1回目よりは時間はかからない.数回で済む」らしいです.
はたしてどこを紹介されるのでしょうか.気になります.


その後は恒例のホル注.
私はペラニンデポー10mg/2wなのですが,「これって増やしたら何か変わったりするのですか?」と訊いてみたところ,「変わる.次回の血液検査の結果を見て検討する」らしいです.

*1:汐見台での外性器の検査は除外.