自分史提出(最終) + 紹介状

昨日ですが,会社を早退してジェンクリに行き,自分史の最終章を提出してきました.
本来なら土曜日に行くのですけど,今週土曜日は先生が学会でおらず休院とのことでしたので,早めに回しました.
通院が注射も兼ねている以上,あまり間隔を空けたくもないですし.

結論は素直に書きました.
「性別についてはいまだ確信が持てないが,男として振る舞うのはもはや限界に近く,ほぼ破綻しきっている.一方『女』ということにも疑問を感じないではないが,そう振る舞い・そう扱われるのは思いのほか気が楽だったし,止めがたい. 
よって私は,当面は身体的な治療を継続し,ある時点の将来においては,戸籍を含むすべてにおいて,身体的な性別とは逆の性別での生活を希望する」
――こんな具合.

なお,身体的な検査*1がまだだったため,そちらについても指示されました.
遺伝子検査は今のジェンクリ,外性器の検査は紹介状を書いてもらって横浜の病院で受けることになりました.
横浜,久しぶりだな.


そう.前回受けた血液検査の結果も返ってくるんでしたね.こちらについては,

  • 男性ホルモンは比較的低調に推移.ただし男性の最低値程度であり,「異常」(むろんそうなってほしいのではあるが)な値ではない.
  • 女性ホルモンも低調に推移‥.仕方ないな.
  • 初回引っかかったD-ダイマーをはじめ,問題となる数値については異常なし.

えぇ,三番目が一番安心しました.一度これで断ホルになってるからな.
ただ正直,量もうちょっと増やしてほしい‥かも.


ともあれ,去年9月からの通院には一応一段落がつきそう.
長かったし,正直その間にいろんなことを起こしすぎた.
人生の中でもかなりきつい期間のひとつだったことは間違いないと思います.

*1:遺伝子検査及び外性器の検査.