読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分史,行き詰まる

性別の話(思い出) 性別の話(雑)

えっと,高専5年分の自分史を書こうとして詰まってます.

まず,前半3年については,

  • 周囲に人を置かず,独りだった(高専という学校の都合上,そういう人も珍しくなかった).
  • 身体の変化が鈍く(身長だけのそのそ伸びる感じ),嫌悪感をそう強く催しはしなかった.
  • 制服等,もろに男女別けする出来事もなかった.体育すら男女共通だったからな.

要するに平和だったのですよ.3年目で「突然プールに入れなくなった」を除き平和すぎて何もない.

で,後半2年については,

  • 性欲・声・体毛など,身体の変化が始まってしまった.(つまりあれだ,独りで「する」ってことにも触れなければならないわけで‥.)
  • スーツ着用でもがいた.
  • 成人式でもがいた(結局多忙のため出なかった).
  • 「男として」当たり前に周囲がやってることができない,ということに初めて気づいた.(最初のきっかけは「男の服を買いに行けない」ってやつ.)

急激に嫌悪や違和を催す出来事が噴出したわけで,5年一緒くたにするとまとめようがないなという印象.これ,前3年・後2年に分割して書いたほうが良さそうだな.

ちなみにこの嫌悪感・違和感,18-20頃に一旦集中的に出て,その後一旦抑えたあと25頃に再発.何とか抑えようとしたものの,これが5年間で完全な失敗に終わり,今に至ります.