自分史(2回目)提出 + ホルモン注射開始

有給取ってジェンクリに行ってきました.自分史の提出は2回目なのでその点については前回よりは気が楽だったんですが,血液検査の結果の方が気になってしまい,正直気が重かったです‥.

自分史については特に問題もなく無難に進んだのですが,ひとつ面白いことが.

趣味嗜好について「中世西洋に興味を持つ.特にジャンヌ・ダルクがお気に入り(1999年のリュック・ベッソン版「ジャンヌ・ダルク」も見に行った).またこれをきっかけに男装キャラが好きになる」のようなことを書いたのですが,「あの映画,相当過激ではありませんでした?」と先生から訊かれることに.先生も見てたのね,あれw

どういうことかというと,あの映画,「開始20分ほどで主人公の住んでいた村が襲われ,主人公を庇った姉が主人公の目の前で殺され,死姦される」をはじめ,かなり強烈なシーンが多く含まれてるのです.私は中学生の時にこれを映画館に見に行ったけど,ぶっちゃけ少々「早すぎる」と思いますw

さらにもう一つ突っ込みどころを挙げるとすると,「男装好き」なのはいいんですが,ジャンヌ・ダルクの処刑理由はもろにそれ(男装)です.

次は中学生時代の自分史ですね.気が重いです.


さて,血液検査の結果は,

  • D-ダイマーの値は基準値以下に収まる.
  • テストステロン値復活のお知らせ‥.

前者のためにホルモンを中断していたのでこれは嬉しい.ということで,結局フライングではあるのですが,注射に切り替えることとなりました.

今日は初回ということでペラニンデポー10mg.おそらく次回以降,自分史の提出(だいたい2週間おき)のたびに注射することになると思います.また,量は様子を見て増やすとのことらしいです.胸ほしい.

あぁ,後者については投与期間がせいぜい5か月弱だったし,仕方ないですね.改めて殺します.


あと,先週私をさんざんに苦しめてくれた自律神経失調症っぽい症状のこと,それが10代のころからずっと継続していることもついでに話してみたところ,そちらも受けもってくれるらしいです.本当助かる.