自分史の書き方メモ

「自分史 書き方」などで検索しても,また,これに"GID"などのキーワードを追加してもろくに結果が返ってこなかった,ましてMtF*1 のものは数が相当減ってしまったため,軽くメモ.絶対数の違いがあるのかもしれないけど,こういった場合にはFtMの人の露出度が相当に高い気がする.

おそらく医院によって書き方は異なるでしょうし,場合によっては明確に指示があるのかもしれませんが,私の場合,それはありませんでした.

  • 家族構成等の記述は現段階においては指示されていない.これについては最初の問診時に記載したが,これで充分なのか,後に記述するのかは現段階では不明.
  • 記述にはWordを使用.特定のテンプレート等の利用は指示されない.
  • 記述する年代・文章量は都度指示される.
  • その年代ごとに起きたイベント等を記述する.無理に文章とせず,箇条書き形式でよい.
  • 上記のイベント等は私は次のように分類して記述した・する予定.
    • 居住地や学校・職場などについての大まかな説明および身体的特徴の大まか説明.
    • 恋愛関係を含む,交友関係・周囲との関係*2
    • 趣味・ 嗜好.
    • その他特記すべきこと*3
    • (どちらともにないが,恋愛経験・感情について特記すべきことがあれば,2項目めから切り離して独立項目を設ける.)
    • (現段階では書くことがないが,性欲や自慰行為・性行為など,極度に性に密接したものごとは独立項目を設ける予定.)
    • その他,必要と思われることがあれば補足説明.

なお蛇足かもしれませんが,Wordを使用するのであれば指示がなくとも,スタイルや段落等のフォーマットは厳密に定義し,提出期間のすべてを通して使えるようなテンプレートをまず作成すべきでしょう.

提出ごとにフォーマットが違うとか,フォーマットが崩壊しているのは非常に見苦しいものです.仕事場でそのような文書に散々泣かされていますが,そのような文書は誰かに見せるための文書としては不適切です.

*1:私がFかはこの際無視する.

*2:私は恋愛経験・感情がなく,書いたところでさほどスペースをとらないため,それらはとりあえずここに含めたが,それらは独立させた方がよいかもしれない.

*3:これについては,嫌悪の対象が増大した年代以降の記述においてはさらに細分化する予定あり.