読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人体実験

性別の話(ホルモン)

女性ホルモン&抗男性ホルモンを飲み始めてからだいたい2か月半(6月上旬開始)・1か月半(7月上旬開始)が経過したのでその記録.
当初買ったのは女性ホルモンだけだったものの,考えてみれば私が嫌っているのはいわゆる「(自分の身体の)男っぽさ」なわけだし,後者も2回目の注文に合わせて買いました.

 

●6月~

飲みはじめ.飲んでいたのは女性ホルモン(エストロモン)のみ.
最初だったので3錠/日程度から開始,その後6錠/日程度まで増やしてみた.

 

●7月~

先に述べた通り,抗男性ホルモン(シテロン)を追加.女性ホルモンの方は以前のペースを維持.
シテロンは当初説明書の通り2錠/日を服用したものの,明らかに色々オーバーキル気味なので1錠/1日に減量.正直このペースで充分だった.シテロンってそう安い薬じゃないしね.


 以上を経て起きた変化は以下.

●効果

確実なのは以下の二点.

  • 性欲が文字通り完全に死んだ上に精液が出なくなった.これはシテロンの効果だろうけど,かなり効果が強いっぽい.
  • 無防備に薄着(ポロシャツ)を着たら明らかに胸が出ていた.これは女性ホルモンの効果だろうな.

ただ,レビューなどを見るとこの他にも結構色々なことが書いてあるけど,私の場合はこれらは起きなかった・そう強くは出なかったと思う.たとえば,

  • 「体毛(髭)が薄くなった」:私の場合は脱毛を開始した時期と一致した・元々体毛が薄目なこともあり,そこまで効果を感じなかった.
  • 「女っぽい顔つきになった」:毛さえ取り除けば元々そうだったので‥.
  • 「肌が白くなった」:日に当たってない・不健康ともいうけど,元々そうだった.
  • 「髪質」:どうだろう.あまり変わった自覚はない.
  • 「体臭が変わった」:これも自覚なし.

元々細身・華奢で中性寄りな顔・身体だったぶん,気づきづらかったのかな.

 

●副作用

効果がそう強くなかった(少なくとも自覚した限りにおいては)ぶん,副作用もそう強く出てないと思う.たとえば,

  • 「精神面での変化」:自覚症状レベルでだけど,変化があったとは思わない.
  • 「立ちくらみ・倦怠感・頭痛など」:元々それらは強く出てたけど,それ以上に強化された気はしない.
  • 「体型の変化」:胸以外はないな.

胸が出たのは事実だけど,これは副作用と数えるかは少々微妙かな.
もちろん,これからも副作用が出ないとは限らないので,本来こんな真似は止めるべきなんだろうけど.


 しかし,改めて考えると,わたしがやっていることって自分を対象にした人体実験といってもそう大きくは変わらない気がする.